今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん今治店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外壁塗装の際に使用するそれぞれの塗料の特徴について


戸建住宅やビル、店舗などの建築物の外壁に使われる塗料にも様々な種類がありますが、一般的に使われると言われているのがアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料の3種類です。
アクリル塗料は成分の樹脂がアクリル系でできているものを言います。透明で強度が高く、塗った時に色が鮮やかに出ます。価格的にも安いのと重ね塗りもできるので短い期間に度々塗り替えを必要とするところには向いているといえます。以前はよく使われていましたが耐用年数が短いために今ではあまり使われなくなりました。耐用年数は3年~5年です。
次はウレタン塗料ですが、こちらは先程のアクリル塗料と同じで、名前からもわかる通り、成分の樹脂がウレタン系の塗料です。価格的にはアクリル塗料に比べやや高価ですがその分アクリル塗料よりも耐久性が優れています。密着性も良いので塗ったところがはがれた場合などを補修するのに適しています。こうした特徴を考えるとウレタン塗料はリーズナブルな良い塗料と言えると思います。耐用年数は8年~12年です。
最後はシリコン塗料です。これも上の2つと同様で、成分の樹脂がシリコン系の塗料です。住宅や店舗などの外壁塗装では今、一番多く使われています。耐水性、耐候性、耐久性どれをとってもアクリル塗料、ウレタン塗料よりも優れており、価格的には他のものより高いけれど、耐用年数が長い分結局は費用面でお得になるわけです。耐用年数は12年~15年です。
それぞれ予算も違えば特徴も違います。今や他にも数多くの塗料がありますので、それぞれのお宅に合った塗料でご提案させていただきます。