今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん今治店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  •   > コラム > 家にも呼吸が必要です。小屋裏換気で気持ち良くさせましょう。

家にも呼吸が必要です。小屋裏換気で気持ち良くさせましょう。


こんにちは長野です。
小屋裏換気というのを知っていますか?小屋裏というより、屋根裏といったほうが馴染みがあるかもしれませんね。

屋根裏とはご存知の通り、屋根の真下で2階建ての家の場合、屋根と2階の部屋の間にあたる場所なので家の中で1番太陽に近い所になります。そのため夏になるとその中の気温はすごく高くなります。そこに室内から上昇してくる湿気をどんどんため込み、日陰部分や冷えた所に接すると結露が発生します。また、冬場の場合でもストーブなどから水蒸気を含んだ空気が上昇し、同じことが起こります。

このような結露から家を守るために必要なのが、小屋裏換気です。
外壁の妻面に換気ガラリという物をつけたり、軒天に換気口として有孔ボードを使ったり、スレンダー換気口と呼ばれる換気金物を軒下に取り付けたりして外気を取り入れ、換気することが大事です。

小屋裏換気の設置は法規上必須事項ではないので付けるも付けないも任意になります。しかし金融機関の融資によっては必須の場合もあるので少なくとも既存住宅の半分以上は小屋裏換気を設けていると言われてます。
一度、ご自宅に小屋裏換気があるか確かめてみてください。もし見当たらない場合は家が湿気で痛んでしまう前に何らかの方法で換気することをご検討いただいた方がいいかもしれません。もちろん街の外壁塗装やさん今治店でも対応できますので、お声掛けください。

軒天塗装