今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん今治店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
  • HOME 
  •   > コラム > 外壁塗装のリフォームで失敗しないために見積書を確認しましょう...

外壁塗装のリフォームで失敗しないために見積書を確認しましょう


こんにちは、純二です。
こういう仕事をしてると、以前やってもらったところがデタラメで…という話をよく耳にします。そこで今回は失敗しない業者選びのポイントをお教えしたいと思います。
失敗しない塗装工事の防衛策の一つに見積書をよく見ることがあります。これからその見積書を見るポイントについてお話します。

ポイント①詳細な内訳書があるか。
工程ごとに使用材料のメーカー名・商品名や施工箇所のなどの明細があるかどうか、まずはここを確認しましょう。
塗装工事に限らず、トラブルの多くは「言った。言わない」の口約束によるものが多いのです。例を挙げると、塗装工事が完了したというので確認したところベランダの床の塗装がされていなかった。お施主様側からすると「外壁塗装工事なのだから外側はすべて塗るものではないか」となりますし、一方業者側は「ベランダの床は床専用の塗料になるから別料金になる。床まで塗るとは言ってない」とお互いに自分の意見を主張し譲らない。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも施工個所がきちんと明記された書類が不可欠となります。もちろんその際塗装する場所としない場所の確認もします。


ポイント②塗る面積は正しいか。
数社から見積もりを取ると、塗る面積が違うことが多いものです。私たちがやっている方法を紹介しますと、図面から拾い出します。立面図から壁全体の面積を出し、窓や玄関ドアなど、開口部を引くと正確な塗装面積が出ます。図面がない時は実測をするしかありません。一面づつメジャーをあてて丁寧に測っていきます。よくチラシなんかで「建坪30坪なら50万円!」などと謳っている会社もありますが、私からするとあの根拠がわかりません。いくら建坪は同じでも窓の大きさや外壁の高さは一軒一軒違うものです。


まとめますと、見積書からは明細書の有無と施工個所の確認。それに塗装面積の出し方などで信頼できる業者を判断することが求められます。

見積書