今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん今治店

街の外壁塗装やさん今治店

〒794-0063

愛媛県今治市片山1-2-14

TEL:0120-35-0074

FAX:0898-24-1005

おかげさまで今治市、松山市や東温市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-35-0074

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 昨今の戸建て住宅に使われるタイルの役割について考えてみました...

昨今の戸建て住宅に使われるタイルの役割について考えてみました


こんにちは、純二です。
私は昔タイルメーカーの営業マンとして働いてたということもあって、今でもタイルが大好きです。ただし、昨今そのタイルもあまり使われなくなっていますよね。そこで、最近の木造住宅においてタイルという建材がどの様な使われ方をしているのかを今回は見てみましょう。
タイルの水に強いという特性から、直ぐに思い浮かべるのは、お風呂に代表される水回りなんでしょうが、昔と違い今はお風呂にタイルを使うということはほとんどありません。新築住宅の100%近くのお風呂がユニットバスになったからです。浴室の保温性、防水性からしても悔しいですが当然の結果だと思います。
ではトイレやキッチンはどうでしょうか?トイレの腰壁や床、キッチンバックこうしたところには以前はタイルが当たり前のように使われましたが、今の住宅では見ることは稀です。どちらも耐水性に優れ、掃除のしやすい壁材、床材に取って代わられました。
この様に今や住宅の室内においてはタイルの居場所がなくなってしまった感があります。しかし、どっこい昔も今もタイルが一番多く使われるところがあります。それは、家の顔である玄関とポーチの床です。メーカ-も床タイルには力を入れており、色、大きさ、形状もバラエティーに富んだ数多くの種類を出しています。また、玄関の中に使うものは掃除がしやすいように、外に使うものは雨に濡れても滑りにくいようにと機能面でも工夫がされています。使用する床タイルによって、その家が明るく、かわいらしくなったり、渋く重厚なものになったりと色々な表情を創り出してくれるのもタイルの良さだと思います。

玄関タイル
今治市、西条市、松山市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん今治店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-35-0074
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん今治店に