今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん今治店

街の外壁塗装やさん今治店

〒794-0063

愛媛県今治市片山1-2-14

TEL:0120-35-0074

FAX:0898-24-1005

おかげさまで今治市、松山市や東温市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-35-0074

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

地震被害の判定基準の色々。それは調査方法にありました。


こんにちは長野です。

近年大きな地震が日本各地で起こっています。ニュースでその被害など見ていると被害状況を表すのに「小破」「中破」「大破」又は「半損」や「全損」という言葉が使われていますが、そのような住宅の地震被害の判定はどのような分類で使い分けているのか疑問に思い、調べてみました。すると、その地震被害の調査方法によって違いがあることがわかりました。

「応急危険度判定」といって、余震によって建物が崩れたり落下物や付属設備の転倒から人的被害を防止するために地震後に応急に行われるもの。
「被害認定調査」という、被災した建物の損害の大きさで資産価値的な視点で調査し『罹災証明』として認定するために行われるもの。
そして地震保険の「損害認定調査」
建築の専門家が構造的視点から調査する「被災度区分判定」ものなどがあります。

地震保険の損害判定は主要構造部の損害の割合できめられ、全損の場合契約金額に対して100%、半損は50%、一部損は5%となっており被害の判定はこの3種類ですが、建築の専門家が調査する被災度区分判定は、軽微、小破、中破、大破、倒壊の5種類あります。
この様に地震後はさまざまな目的で被害認定が行われていますが、それぞれの認定結果に違いがあるため混乱を招くことや、これから来ると言われている南海トラフや首都直下地震では調査人員が不足するとも言われているので調査の共通化の必要がありそうです。

地震被害の判定

このグラフは被災度区分判定

今治市、西条市、松山市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん今治店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-35-0074
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん今治店に