今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん今治店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

愛媛県西条市で外壁サイディングの塗装の現場調査へ行ってきました。


こんばんは。営業の久仁年です。
ここ、今治のお隣、西条市のお客様から外壁塗装のご依頼をいただき現場調査にお伺いしてきました。

シールの破断

サイディングの外壁塗装の現場調査に行くと十中八九この繋ぎ目のシールが切れてます。
お客様は単純に外壁の色が薄くなったからとか、もう少し詳しい方はチョーキングを起こしているからということで、お電話いただくことが多いのですが、このシールの破断しているところから雨が入り、柱や壁が濡れて腐っていくということに繋がります。
そこまで指摘してあげるのがプロだとは思うのですが、シールの打ち直しをするともちろん余分に費用はかかります。
ただ、先程もお伝えしたようにここからの雨水の浸入が恐ろしいということをわかっていただけるとそれもご納得いただけます。

素人のシール打ち

今回のお客様はそのシールが切れていることを自覚されてたようで、ご自身でホームセンターで買ったシールを打ってました。
ただ、この仕上がり…。失礼ですが言うても素人です。プロの仕事ではありません。
しかも、プロは普通のシリコンではなく、「変成シリコン」という材料を使います。
ここではその違いは詳しくは述べませんが、わかりやすく言うと色がのるのらないの違いです。
もちろん普通のシリコンは塗装しても色がつかず、変成シリコンだと色がのります。
今回はこの普通のシリコンを一度カッターで切って剥がしてから塗装をかけようと思ってます。
全部キレイにとれるかわからないということと、単純に手間がかかりますよね。

この現場に関しては、ちょっとまだまだお伝えしていことがあるので、それはまた明日にでもアップしようと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 今治市でアステックペイントジャパンの超低汚染リファインでの外壁塗装工事をしました。

今治市で最近注目のアステックペイントジャパンの超低汚染リファインを使用し外壁塗装を行いました。あまり聞きなれない塗料だと思いますが、あらゆる機能を備えた革命的塗料です。超低汚染、高耐候性、遮熱性、遮熱保持性を有する塗料になります。当然ですが… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 今治市外壁塗装工事、サイディング張りの外壁面の上塗りの様子を紹介します。

先日ご紹介させていただいた今治市での外壁下塗り塗装後乾燥時間をおいて中塗り、上塗りをしていきたいと思います。今回は日本ペイントを使用しています。中塗り上塗りは日本ペイントのスーパーオーデフレッシュSi(シリコン)を使用しました。日本ペイント… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 今治市で外壁下塗り塗装、軒天塗装を行いました。施工の様子を紹介します。

今治市での外壁塗装工事をしています。軒天塗装、外壁下塗り塗装を紹介したいと思います。施工方法は刷毛、ローラーです。軒天にはケンエース。外壁下塗りにはファイン浸透シーラーを使用しました。 窯業系サイディングの下塗りをしていきます。ファイン浸透… 続きを読む