今治市、西条市、松山市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん今治店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん今治店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

愛媛県今治市でアパート廊下の防水工事の依頼がありました


久々の登場、久仁年です。
今回はアパートのオーナーさんから廊下の防水工事の依頼をいただきました。
お伺いしたところ、雨が下に漏れてる様子はありません。聞いてみても「今現在は漏れてないんやけどヒビが入ってたり後々どうなるかわからん」とのこと。志の高いオーナーさん!
ただオーナーさんとしては防水工事後、住んでる方がいつ歩けるようになるのかを気にされてました。

アパート廊下

そこでご提案させていただいたのが、この長尺シート。貼ってノリが乾けばすぐに歩けます。
最近では住宅でも脱衣場やトイレなど水を使う場所の床をよくCF(クッションフロア)仕上げにすることがありますが、それの施設版といった感じでしょうか。
簡単な違いを説明すると、まずCFは上履きで上がることを前提としているので表面が柔らかく、厚みもだいたいのものが1.8㎜です。それに比べて長尺シートは土足での使用を想定しており、硬さもあり、厚みも2.0~4.5㎜前後の物が多いです。硬いということは施工が大変なので、職人さんは正直あまりいい顔はしませんがちゃんとやってもらいます!
それと気づかない方も多いですが、一番の違いと言ってもいいのが裏の素材です。長尺シートは表も裏もビニール系の素材なのですが、CFの裏は紙系です。下からの湿気にも強いのが長尺シートです。

長尺シート

これは病院でしょうか。施工例としてもやはり施設が出てますね。
個人の診療所は下駄箱に靴を置いてスリッパで上がるところもありますが、総合病院はどこもほとんど土足のままですよね。ということで長尺シートが使われます。
今回は土間はこの長尺シート、立ち上がりはウレタン防水でのご提案です。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 今治市でのバルコニー手摺り塗装、防水工事、トタン外壁張替え工事完了しました。追加工事、2期工事で外壁塗装をしていきます。

今治市でバルコニー手摺り塗装工事を行いました。見積もり段階の写真になります。「さびがひどい」これが最初のイメージでした。 下から見たらこんな感じです。波板張替えもしますので先に波板を撤去しました。さびもひどくケレンでさび落としするのに約2日… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 今治市のバルコニーの防水工事終はトップコート2回塗りで完了しました。

今治市でバルコニー手摺り塗装、防水工事をしています。今現在雨漏りしているところはないですが築年数や先のことを考え防水工事をすることになりました。雨漏りしてからでは大規模工事になってしまいます。雨漏りを防ぐことが家の寿命を延ばすことにもなりま… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 今治市でバルコニーのウレタン防水工事をしています。防水材を塗布していきます。

そろそろ愛媛県も梅雨入りになりそうです。ベランダ、陸屋根、外壁など雨漏りの心配な箇所はありませんか?雨水が浸入すると建物にかなり影響が出てきます。防水工事のご紹介です。今治市でバルコニーのウレタン塗膜防水工事をしています。バルコニーの床面が… 続きを読む